toggle
車のエクボ・ヘコミを低価格で丁寧に直します!愛車に出来てしまった小さなヘコミの修理専門店カーリペア エース!ご相談、お見積もりは無料ですので気軽にお問い合わせください。

会社概要

ブルー ドゥ シャフ  Bleu de chauffe ブラック Noir フォルダー2wayビジネスバッグ BUSINESS BAG FOLDER オールレザー製ブリーフケース フランス製 キャリーケースにも通せる メンズ:インポートセレクトSHOPでらでら - faeae

2019-07-14
カテゴリトップ>アイテム別>バッグ>ブリーフケース
ブルー ドゥ シャフ  Bleu de chauffe ブラック Noir フォルダー2wayビジネスバッグ BUSINESS BAG FOLDER オールレザー製ブリーフケース フランス製 キャリーケースにも通せる メンズ

■ カラーバリエーション

ブラウン(Pain Brule)

ブラック


■ 商品詳細
ブランド Bleu de chauffe
ブルー・ドゥ・ショウフ
カラー Noir ブラック
素材 表 レザー(ベジタブルタンニング)
裏 キャンバス
一部 ウールフェルト
仕様 ・ダブルジップ開閉
・マグネット釦フロントポケット
・キャリーハンドル(テレスコピックハンドル)用ジップ式スリット
・中にスナップボタン取り外しポーチ
・取り外し式13インチノートパソコン用スリーブ(フェルト地)
・着脱式ショルダーコード(5穴調整)
・重量 約1415g
・MADE IN FRANCE
専用保存袋


■ サイズスペック
本体の大きさ38 cm x 26 cm x 5.5 cm
ショルダー巾2.5 cm 100 cm-115 cm 調整




メーカー希望小売価格はメーカー商品タグに基づいて掲載しています。
こちらをクリックしてご確認ください。




・ 採寸方法については コチラ をご確認くださいませ。
・ ボックスでの無料ラッピング対象外です。ラッピングのご依頼、詳細につきましては コチラから ご確認下さいませ。
・ 実物を巻尺で採寸しての平均値です。数値の若干の誤差はご容赦ください。お手持ちのアイテムとのご比較にご利用くださいませ。
・ 店頭でも販売させていただいておりますので、売り違いの際はご容赦願います。



その他の Bleu de chauffe ブルー・ドゥ・シャフ ラインナップへ!



ABOUT ITEM-商品のご紹介-

無骨なるけど雅なり。静かな存在感を放つブリーフケース「FOLDER」モデル  By. Bleu de chauffe

フランス南部アヴェイロンで誕生。フランス製に拘り、20世紀のフランス工業文化発展というデザインソースにて
実用性とスタイリッシュさを兼ね揃えたワークバッグを作り出している Bleu de chauffe(ブルー・デ・シャフ)の
2017/18年秋冬新作バッグを、当店は、この18AWから取扱いスタート。
日本のセレクトSHOPで、ここまでラインナップしている店舗は他には無い、と、自負しております!

" ヒットして欲しいような、欲しくないような…複雑な想いを乗せて贈るバッグです "

ヴィンテージの表現、再現にリアリティさがあり、重みもある。シンプルな美しさに優れた
Bleu de chauffe(ブルー・デ・シャフ)のラインナップから、本作は BUSINESS BAG 「FOLDER」モデル。
キャリーハンドル(テレスコピックハンドル)を通せるスリットポケットを搭載している2wayバッグ。
旅行、出張と、男性のライフスタイルに密着するアイテムとなっておりますが、意外にもフォルムには
丸みがある、高さもあるスクエア型となっています。ズシリ!とした重みは確かにありますが、
正直に言いますと重量は1415g。A4ファイルなどの書類も入れて、片手で持ち運ぶには、なかなかの
持ち応えがあります。
それでありながら、見た目にはさほど重々しさはなく、軽快さを帯びています。ショルダーコードも
細幅であり、3穴調整のハンドルは、肩かけ兼用となっております。

フォルダーというだけあって、姿形とまさにフォルダータイプ。
13インチのノートパソコンが持ち運べるように、フェルト素材による緩衝クロスをインポケットに設置。
スナップボタンにて取り外しが可能となっております。ショルダーコードの肩パッド裏にも用いられている
このフェスト素材は、1920年代から続く歴史と伝統のあるフェルトメーカーの物を使用。ウール素材にて
分厚く、フワフワとしています。他にもスナップボタンで取り外しできる薄型ポーチが付いており、
この部分には、製造した職人のサインと製造日が手書きで織りタグラベルに記載されています。

ハンドルデザインが個性的でありまして、本体にくっ付いているのではなく、底を覆うように革紐にて
持ち上げているようなデザイン。重みがある為に、本体表面のレザーの負担を減らす為でもあるでしょう。
このちょっとした隙間部分に、マフラー等を引っ掛けておくことも出来ます。ハンドルも、片手に納まりやすいよう
前後と巧く重なるように傾斜が付けられており、1つの束ねられる様になっています。細めではありますが、
厚すぎず、安定した持ち応え感があります。


" 昔ながらの手法で仕上げたベジタンレザーを使用しています "

フランス製に拘っているから、革もフランス軍の製品プロダクトを請けたまわっている工業、メーカー製となっています。
原皮はミモザ、栗、アカシア等の化学薬品を一切使用していないタンニンを使ってなめしたベジタブルタンニング革。
昔はポピュラーな作り方でしたが、今ではあまりにも手間が掛かるので非常に希少性のある素材となっております。
重厚なのに柔らかい皮革は、使い込んでゆくほどに艶が増し、独特の風合い、温かみのあるレザーに変化してゆきます。
Noirブラックカラーが黒光りとは異なり、じんわりと、革の味わいを生かしながらナチュラルに表現されています。
ゴールドの金具も1830年から続くファクトリーにて製造されております。


あらゆる箇所に、大和魂ならぬ「フランス魂」を迸らせている多機能バッグ。
現代的に求められるのは、ナイロンで軽い、という事になるかと思いますが、本製品はまったくの逆。
あえて重厚にしてある風でもなく、あくまでもリアルに。自然と今に至っているような歴史を経てきた存在感。
堅牢堅実である事が、働く男性への勲章となりますように。ブランドのアイコンマークは、工業発展を支えてきた
男性の象徴として「レンチ」が重なったシルエットとなっております。ビジネスバッグと言いましても、
勿論、オフシーンでもお使いいただきまして、親から子へ、何十年とご愛用をお愉しみ下さいませ。

DETAIL-ギャラリー-

ABOUT BRAND-ブランドについて-

Bleu de chauffe
スポーツウェアメーカー出身のデザイナー Thierry Batteux(ティエリー・バトゥー)と Alexandre Rousseau(アレクサンドル・ルソー)の二人が
2008年にスタートしたバッグブランド Bleu de chauffe(ブルー・デ・シャフ)。
Bleu de chauffe は19世紀後半から20世紀前半、フランスの蒸気エンジン技師が着用していた青いジャケットが呼び名となっています。
フランスでは、「ブルージャケットを着る」ことは「一生懸命働く」という意味があり、ワーカーズ達へ贈るワークショップであることが発端となっています。
卓越している究極のシンプルさ、機能美を持つ工業製品を、現代的な解釈で再構築し、独特なレトロな世界観で作られています。
テキスタイルは、クロムを含まない植物性タンニングレザーを使用し、フランス軍のレザーメーカー製を用いており、全てがハンドメイドで
仕上がっています。作りは堅実であり堅牢。生産効率性はありませんが、最高のクオリティーを優先。
これぞクラフトマンシップ溢れると誇れる商品をお愉しみ頂けます。

その他のブランド

ブランド一覧を見る→

【2017/18秋冬新作】
Bleu de chauffe
FOLDER ブリーフケース 黒革 ブルードゥシャフ
ベジタンレザー製メンズバッグ